レンタルサーバー比較

レンタルサーバーでハイスペックなのはどこ?主要14サービスを比較

更新日:

レンタルサーバーを借りるときにスペックの確認は重要ですよね。
CPUやメモリといったハード面の「マシンスペック」の比較はもちろんですが、レンタルサーバーの場合はWebサイトの「高速表示性能」に関わるソフト面でのスペックもしっかりと見る必要があります。

今回は主要14サービスのレンタルサーバーのスペックを比較してみました。
ハイスペックなレンタルサーバーはいったいどこなんでしょうか?

レンタルサーバー選びの際にぜひ参考にしてみてくださいね!

ハイスペックなレンタルサーバーは、エックスサーバー!

今回比較した14のレンタルサーバーはこちらです。

  1. エックスサーバー
  2. ロリポップ
  3. さくらのレンタルサーバ
  4. mixhost
  5. お名前.comレンタルサーバー
  6. スターサーバー
  7. バリューサーバー
  8. クイッカ
  9. ヘテムル
  10. カゴヤ・ジャパン
  11. JETBOY
  12. コアサーバー
  13. ドメインキング
  14. XREA

レンタルサーバーのスペックを見るときのポイント

レンタルサーバーの性能を比較するときには、ソフトとハードの両面のスペックを見る必要があります。

  1. ソフト面
    ・Webサーバーの種類
    ・HTTP/2対応の有無
    ・無料SSL対応の有無
    ・転送量
    ・マルチドメイン数
    ・データベース数
    など
  2. ハード面
    ・CPU
    ・メモリ
    ・ディスク容量
    ・ディスクの種類
    など

そして、この両面でハイスペックなのが「エックスサーバー」です!

  • なぜそう言えるのか?
  • 他のサーバーと比較して、具体的に何がどれぐらいのスペックが高いのか?

についてはこのあとの章で詳しく比較をしていきますね。

まずは「ソフト面のスペック」からみてみましょう。

「nginx」を利用できるのはエックスサーバーだけ!

ソフト面の主なスペック一覧表はこちらです。

サービス名 プラン名 Webサーバー HTTP/2 SSL 転送量
エックスサーバー X10 nginx 70GB/日
ロリポップ スタンダードプラン Apache 100GB/日
さくらのレンタルサーバ スタンダード Apache 80GB/日
mixhost スタンダード LiteSpeed ◯  1TB/月
お名前.comレンタルサーバー SD-11プラン Apache ◯  非公開
スターサーバー スタンダード Apache ◯  300GB/月
バリューサーバー スタンダード Apache 300GB/月
クイッカ スタンダード Apache 31GB/月
ヘテムル ベーシック Apache ◯  80GB/日
カゴヤ・ジャパン S11 Apache ◯  120GB/日
JETBOY スタンダードSSD LiteSpeed ◯  無制限
コアサーバー CORE-A Apache ◯  無制限
ドメインキング ベーシック Apache ✕  無制限
XREA XREA Plus Apache 64GB/日

ソフト面で検討するポイントはいくつかあるのですが、中でも注目する部分はWebサーバーの種類です。

表には、

  1. nginx(エンジンエックス)
  2. LiteSpeed(ライトスピード)
  3. Apache(アパッチ)

の3つがありますが、「nginx」「LiteSpeed」は通常のレンタルサーバーで利用されている「Apache」よりも高性能なWebサーバーです。

中でも「nginx」を導入しているのはエックスサーバーのみです。

nginxについて

「nginx」は、

  • 大量同時アクセスに強く
  • 突発的なアクセス増でも高速・安定して表示ができる

Webサーバーです。

Apacheは、リクエストを順次処理する形式のため、大量にアクセスがあるとリクエスト待ちが発生してしまいます。
ですが、nginxはリクエストを同時並行で処理するので高速かつ安定しています。

エックスサーバー公式サイトより引用

例えて言うなら、レジに10人のお客さんが並んでいるときに、

  • Apacheであれば…
    1人づつお会計対応
  • nginxであれば…
    10人同時に一気にお会計対応(!)

という感じです。
こうイメージしてもらえると、nginxのパワフルさ・高速さがわかると思います(^^)

他にも

  • HTTP/2対応
  • SSD採用(後述)

などで、エックスサーバーは非常にハイスペックで高速なレンタルサーバーなんですよ!

ソフト面でエックスサーバーがハイスペックだということがお分かりいただけたと思うので、次はハード面のスペックもみてみたいと思います。

エックスサーバーはハード面のスペックも高い!

ハード面の主なスペック一覧表はこちらです。

サービス名 プラン名 CPUコア数 メモリ ディスク容量 SSD
エックスサーバー X10 20コア 192GB 200GB
ロリポップ スタンダードプラン 非公開 非公開 120GB
さくらのレンタルサーバ スタンダード 非公開 非公開 100GB
mixhost スタンダード 24コア 256GB 50GB
お名前.comレンタルサーバー SD-11プラン 非公開 非公開 200GB
スターサーバー スタンダード 仮想3コア 96GB 100GB
バリューサーバー スタンダード 8コア 96GB 100GB
クイッカ スタンダード 非公開 非公開 30GB
ヘテムル ベーシック 20コア 128GB 200GB
カゴヤ・ジャパン S11 非公開 非公開 100GB
JETBOY スタンダードSSD 3コア 2GB 40GB
コアサーバー CORE-A 28コア 384GB 120GB
ドメインキング ベーシック 非公開 非公開 100GB
XREA XREA Plus 8コア 128GB 64GB

ハード面のスペックで見るべきポイントは主にこの4つです。

  1. CPU
  2. メモリ
  3. ディスク容量
  4. SSDかどうか

この4つは、普段私達がパソコンのスペックを見るときにも使いますよね。
「サーバー」も基本的にはパソコンと同じものなので、この4つの性能が大切になってきます。

エックスサーバーを見てみるとどの項目もスペックが高いのが分かると思います!

  • CPU:20コア
  • メモリ:192GB
  • ディスク容量:200GB
  • SSD:採用

念のためそれぞれの意味や役割について補足させていただきます。

1)CPU = 頭脳

CPUはサーバーの頭脳に当たる部分です。
ここのスペックが高いほど頭が良い(=計算速度が速い)サーバーということになります。

CPUに関しては、細かいスペックまでは開示されていません
ただし、コア数が公開されているところがあるので、それによっておおよそのスペックが判断できます。
(※理由は後述します)

CPUのスペックについて

CPUはこの3つの数値からその性能を図ります。

  1. クロック周波数
  2. コア数
  3. スレッド数
1)クロック周波数

クロック周波数とは、1秒間に発生する電気信号の振動数です。
この数値が大きければ大きいほど、1秒あたりの計算スピードが速いということです。

ひと昔前であれば「クロック周波数の性能」が「CPUの性能」に結びついていましたが、現在はそこまで重要視されません
現状のCPUは、性能を上げられるところまで上げきったので、これ以上ここを伸ばしても効率が悪い(労力対効果が悪い)からです。

今は何が重視されるというと「コア数」です。

2)コア数

コア数とは、CPUの中にいくつのコア(核)が入っているかということです。

例えば4コアの場合であれば、イメージはCPUの中が4分割されていて、4人の分身がいるような感じです。
1人で100の仕事をするよりも、4人で25ずつ仕事をしたほうが作業スピードが早いですよね。

現在では1つのCPUの「クロック周波数」の性能を上げるよりも「コア数」を上げる方が主流です。

3)スレッド数

スレッド数とは、コアの中をさらに分割することです。
1つ1つの分身がさらに手分けをして作業をしているイメージです。

ただし、作業スピードへの影響度合は「コア数>スレッド数」なので、ざっと性能を把握するときには「コア数」の方に注目します。

2)メモリ = 作業机の広さ

メモリとは、データの記憶装置です。
この値が大きければ大きいほど快適に操作ができます。

例えるなら作業机の広さです。
机が広ければ広いほど、快適に作業ができてはかどりますよね。

3)ディスク容量 = 保管場所の広さ

これは分かりやすいと思いますが、データを保管しておく場所の広さです。

容量が大きいほどたくさんのデータを扱うことができるので安心ですよね!

4)SSD

SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)というのは、ディスクの種類のことです。
ひと昔前まではHDD(ハード・ディスク・ドライブ)が主流でしたが、HDDよりもSSDの方が圧倒的にスピードが早いです。

こちらにSSDとHDDのスピードの差を比較した動画がありますので、参考にしてみてください。

自宅のパソコンでHDDからSSDに変えたことがある人ならわかると思いますが、ガラケーとスマホぐらいの圧倒的な性能の差を感じますよね。

私も自分のパソコンをHDDからSSDに変えたときに、あまりの速度の差と快適さに驚きました
もうHDDを使ったパソコンには戻りたくないというのが正直な感想です(^^;

ですので、レンタルサーバーもSSDを使っているかどうかをしっかり確認したほうがいいです!
もちろんエックスサーバーはSSD対応なので安心ですね(^^)

さらにハイスペックなサーバーを求めるならVPSや専有サーバーの検討も

ここまででご紹介してきた14社のサーバーはどれも「レンタルサーバー(共有サーバー)」になります。
ですが、さらにハイスペックなサーバーを求めるのであれば、

  • VPS
  • 専有サーバー

を検討するのもありだと思います。

ただしその場合は、自分でサーバーを立ち上げたり、チューニングをするだけの技術力が必要になるので、中級以上のレベルの人が対象になります。
また、その分費用もかさんできますので、まずは自分が求めているレベルを確認してそれに適したものを選ぶのがいいと思います。

VPS専有サーバーについてさらに詳しくはこちらもどうぞ。

レンタルサーバーのメリット・デメリット|借りる前に知るべきこと!

エックスサーバーはハイスペックなレンタルサーバーでありながら、月額900円から利用できるので、コストパフォーマンスは非常に高いです。
月間100万PVぐらいまであれば対応できる性能がありますので、もしそれぐらいの範囲に収まるものを考えているのであれば十分なレンタルサーバーですよ(^^)

ハイスペックなレンタルサーバーについてまとめ

いかがだったでしょうか?
ハイスペックなレンタルサーバーについてお伝えしました。
最後に今回の内容のまとめです。

  • レンタルサーバーの性能を比較するときには、ソフト面とハード面の両方から見る必要があります。
  • ソフト面で確認すべき「Webサーバー」でハイスペックな「nginx」を利用できるのは、エックスサーバーのみです。
  • ハード面のスペックで見るべきポイントはこの4つです。
    1)CPU
    2)メモリ
    3)ディスク容量
    4)SSDかどうか
  • VPSや専有サーバーはさらにハイスペックですが、自分の技術レベルや費用・利用範囲を考える必要があります。
    エックスサーバーはスペックと費用を考えると非常にコストパフォーマンスは高いです。

いろいろな角度からレンタルサーバーのスペックについて見てきましたが、エックスサーバーがどの項目においてもハイスペックであることがお分かりいただけたと思います。

実際に私も長年エックスサーバーを利用していますが、とてもいいレンタルサーバーなので自信をもっておすすめできます。
サポートも充実していますので、初心者の方でも安心してつかえますよ(^^)

無料お試し期間がついていますので、まずは試しにつかってみてその使用感を確認してみてくださいね!

レンタルサーバーおすすめランキング

エックスサーバー

エックスサーバーは「高速」「多機能」「高安定性」の三拍子がそろった、信頼できる王道レンタルサーバーです。
「独自SSL無料」「WordPress簡単インストール」「マルチドメイン無制限」と複数Webサイト運営もバッチリの機能がそろっています。
大切なデータをしっかり守ってくれる「自動バックアップ」機能も標準対応なので、初心者でも安心です!

mixhost

mixhost

mixhostは、最新技術による高速化対策で、サイトの表示速度がサクサク早い
そして、月額利用料が割安初期費用がゼロ
その他にも「自動バックアップ&復元無料」「独自SSL標準搭載」「WordPress簡単インストール」など、初心者でも安心の機能がいっぱいです。

おすすめの記事

「レンタルサーバーはどこがいいんだろう?エックスサーバーが評判がいいって聞いたことあるけど、値段や速度、セキュリティってどうなの?」 とお悩みではありませんか? レンタルサーバー選びが初めてという方は ...

「mixhostがいい」という評判を、最近ブログなどでよく目にしませんか? 「mixhostに乗り換えました!」という記事も、どんどん増えてきていますよね。 mixhostは「2016年6月」にスター ...

-レンタルサーバー比較

Copyright© 明快!レンタルサーバー比較ガイド , 2018 All Rights Reserved.