レンタルサーバー比較

AmazonのレンタルサーバーでWordPressは使える!でも、初心者には△

更新日:

従量課金だから、使った分だけしかお金がかからなくていいな…」
「もしかしたら安くレンタルサーバーを利用できるのでは…?」
ということを思ってAmazonのレンタルサーバー(AWS)を検討してみる人は多いと思います。
一般的な共有サーバーのように月額で◯◯円というわけではなく、使用量が少ない時は安くなる、というのは魅力的に感じますよね!

そしてこのAmazonのレンタルサーバーでもWordPressを使うことはできます。

ですが、個人的には

  • 初心者
  • 個人利用

ではあまりおすすめできません
Amazonのレンタルサーバーは、どちらかというと

  • 上級者
  • ビジネス・法人向け

だからです。

なぜそう言えるのか、その理由についてお話していきます。
初心者の場合であればどうすればよいのかも合わせてお伝えするので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

AmazonのレンタルサーバーでWordPressは使えるが、おすすめしない3つの理由

AmazonのレンタルサーバーでWordPressを利用しようと思ったら、AmazonEC2(Amazon Elastic Compute Cloud)というサービスを使います。
ですが、冒頭でもお話した通り「初心者」や「個人利用」でこれを使うのはあまりおすすめできません

その理由はこの3つです。

  1. 設定が難しい
  2. 個人利用ではオーバースペック
  3. 料金が高い

1)設定が難しい

AmazonEC2では、サーバーのセットアップを自分でおこなう必要があります。
Webサーバーを構築しようと思ったら、Apacheのインストールから始めなければいけません。

WordPressの構築にも同じことが言えて、パッケージが用意されてるとはいえ、システムログの内容を見ないといけない部分があったりするので、初心者にはハードルが高いと言えます。
データベースの設定をどうするか、なども考える必要がでてきます。

これに対し、私がおすすめしているエックスサーバーであれば、初期設定はすでにしてあるので、すぐ使えてとても楽です!
WordPressに関しても「WordPress自動インストール」というかなり便利な機能がついているので、手順に沿って数クリックすればすぐに設定が完了します(^^)

エックスサーバーについて詳しくはコチラ/

2)個人利用ではオーバースペック

個人利用で使うには少々オーバースペック気味なのも気になる点です。

AmazonEC2は「クラウドサーバー」と呼ばれる種類になります。
クラウドサーバーの真骨頂は、高負荷に耐えられる冗長性です。

細かい説明は省きますが、これは「急にアクセスが増えた…!(汗)」というときでも、すぐにサーバーのスケールアップが可能なんです。
また、サーバーのスペックも高めです。

ですので、AmazonEC2は

  • 月に「数百〜数千万PV」以上のアクセスがある
  • 月に「数万〜数十万円」以上をサーバー費用にかけられる
  • 瞬間的に大量のトラフィックが起きやすい
  • チューニングや負荷対策など高度な運用が必要

という規模や用途で利用されていることが多いです。

小規模のサイトでもAmazonEC2を使えないことはないです。
ですが、上記のような規模でやっとコストとスペックが見合ってくるのではないかなと思います。

ここまでくると個人レベルというよりも、もっと大規模ですよね。
なので、冒頭にもお話した通り「大企業」や「有名Webサービス」がAmazonEC2を利用しています。

AmazonEC2 導入企業例

AmazonEC2 公式サイトより引用

ざっくり例えていうならば、「スポーツカーで街なかを走ることも可能だけど、真価を発揮するなら高速道路やサーキット」という感じでしょうか。
「もっと普段使いの街乗り用であれば、乗用車(=共有レンタルサーバー)で十分だよね」というイメージです。

3)料金が高い

従量課金制が魅力のAmazonのレンタルサーバーですが、個人利用の共有サーバーと比べると料金は高めになります。

AmazonEC2の料金の計算方法は非常に複雑なので、正確に把握することはなかなか難しいのですが、ベースは時間単位の利用料になるので、その部分だけを計算してみます。

インスタンス「t2.micro」のLinux/UNIX 料金が「$0.0152/時間」なので、一ヶ月に換算すると
($0.0152/時間)x(24時間)x(30日)x(110円/ドル)= 約1203円
です。

さらにこれ以外にも転送量に対する課金なども入るので、実際はもっと増える可能性があります。

前述のように月に数十万円もサーバーの費用にあててるような場合であれば、AmazonEC2にすればコストパフォーマンスが改善される可能性があります。
ですが、月額数百円から使える共有サーバーと比べると少々割高かな…という感じですよね^^;

エックスサーバーであれば「月額900円〜」利用できるので、この点でもこちらの方がおすすめだと思います!

エックスサーバーについて詳しくはコチラ/

初心者がWordPressを始めるならエックスサーバーがおすすめ!

以上の内容を簡単に表にまとめると、こんな感じです。

  エックスサーバー AmaoznEC2
種類 共有サーバー クラウドサーバー
スペック 普通 高い
スキル 初心者向け 中〜上級者向け
規模 小規模サイト 中〜大規模サイト
対象
  • 個人ブログ
  • アフィリエイトサイト
  • 店舗サイト
  • 小規模事業サイト
  • 中〜大企業サイト
  • ECサイト
  • Webサービス
料金 安い 高い 

この表をみていただいても分かるように、

  • 初心者
  • 個人利用

であれば私はエックスサーバーを利用するのがいいと思います!

サポートに関しても、エックスサーバーの方が個人利用者を想定した内容になっているので安心です。
電話対応も可です。

AmazonEC2はどちらかというと「ビジネス」や「法人向け」です。
使いこなすにしても、

  • サーバーについての知識がある人
  • インフラエンジニアのようなプロ

向けであると言えます。

また料金も、いくら掛かるか分からない従量課金よりも、月定額の方が分かりやすくて、安心といえば安心ですよね(^^)
その点でいうと、エックスサーバーはとても高性能でありながら「月額900円〜」と非常にお得に使えるので、ぜひおすすめですよ!

エックスサーバーについて詳しくはコチラ/

AmazonのレンタルサーバーとWordPressまとめ

いかがだったでしょうか?
AmazonのレンタルサーバーとWordPressについてお伝えしました。
最後に今回の内容のまとめです。

  • Amazonのレンタルサーバーは従量課金制です。
  • AmazonのレンタルサーバーでもWordPressを使えますが、あまりおすすめはできません
    その理由はこの3つです。
    1)設定が難しい
    2)個人利用ではオーバースペック
    3)料金が高い
  • 個人利用であれば「エックスサーバー」がおすすめです。
    その理由はこの3つです。
    1)「WordPress自動インストール機能」があって設定が簡単
    2)個人利用にちょうどいいスペック
    3)料金が安く月定額だから安心
  • サポートに関しても、エックスサーバーの方が個人利用者を想定した内容になっているので安心です。
    電話対応も可です。

私がAmazonのレンタルサーバーよりも、エックスサーバーをおすすめする理由がお分かりいただけたと思います。
エックスサーバーはスペックもとてもいいので、使ってみて損はないと思いますよ(^^)

エックスサーバーについて詳しくはコチラ/

レンタルサーバーおすすめランキング

エックスサーバー

エックスサーバーは「高速」「多機能」「高安定性」の三拍子がそろった、信頼できる王道レンタルサーバーです。
「独自SSL無料」「WordPress簡単インストール」「マルチドメイン無制限」と複数Webサイト運営もバッチリの機能がそろっています。
大切なデータをしっかり守ってくれる「自動バックアップ」機能も標準対応なので、初心者でも安心です!

mixhost

mixhost

mixhostは、最新技術による高速化対策で、サイトの表示速度がサクサク早い
そして、月額利用料が割安初期費用がゼロ
その他にも「自動バックアップ&復元無料」「独自SSL標準搭載」「WordPress簡単インストール」など、初心者でも安心の機能がいっぱいです。

おすすめの記事

「レンタルサーバーはどこがいいんだろう?エックスサーバーが評判がいいって聞いたことあるけど、値段や速度、セキュリティってどうなの?」 とお悩みではありませんか? レンタルサーバー選びが初めてという方は ...

「mixhostがいい」という評判を、最近ブログなどでよく目にしませんか? 「mixhostに乗り換えました!」という記事も、どんどん増えてきていますよね。 mixhostは「2016年6月」にスター ...

-レンタルサーバー比較

Copyright© 明快!レンタルサーバー比較ガイド , 2018 All Rights Reserved.