明快!レンタルサーバー比較ガイド

レンタルサーバーの比較の仕方・選び方を、分かりやすく解説します!

レンタルサーバー比較

エックスサーバーとロリポップの比較!初心者におすすめはどっち?

更新日:

WordPressなどでブログやサイト運営をする時に必要なレンタルサーバー
ですが、いざレンタルサーバーを借りようと思うと、どこにしようか迷いますよね。

いろいろ調べて検討をしていくと、多くの人はだいたい

  • エックスサーバー
  • ロリポップ

あたりに行き着くと思います。

ただ、初めての場合は何を決め手にどう比較したらいいのかよく分からないもの…。
初心者にはどちらの方がいいのでしょうか?

今回はそんな2つの有名レンタルサーバーを比較して、おすすめの方をご紹介したいと思います!

結論からいうとエックスサーバーがおすすめ!その理由は?

結論からいうと、私は「エックスサーバー」をおすすめします。
その理由は、エックスサーバーの方が基本的な性能が高いからです。
(性能やスペックの比較は、この後の章で詳しくご説明します。)

本気でブログやサイト運営をしていきたいと考えているなら、エックスサーバーを選んでおけばまず間違いないです。

とはいえ、この二つでなぜ悩むのかというと、それはズバリ「価格」ですよね。
月額料金は、ロリポップの方が安く、エックスサーバーの方が高いです。

価格を取るのか、性能をとるのか。
その答えを出すために、次の章から詳しい比較をしてみます。

\エックスサーバーの詳細はコチラ/

エックスサーバーとロリポップの詳細比較

今回、利用する人の想定は

  • 個人〜小規模事業
  • WordPressを使用

という設定で検討したいと思います。

ロリポップはスタンダードプラン、エックスサーバーはX10(スタンダード)で比較

ロリポップにはこれら4つのプランがあります。

  1. エコノミー:100円/月
  2. ライト:300円/月
  3. スタンダード:600円/月
  4. エンタープライズ:2,300円/月

ですが、エコノミーとライトではWordPressを利用するために必要なデータベースの数が足りないので除外して、今回はスタンダードプランをピックアップします。

エックスサーバーもX10(スタンダード)で比較をします。

機能比較一覧表

  エックスサーバー ロリポップ
初期費用 3,000円 1,500円
月額費用 900円〜 500円〜
ディスク容量 200GB 120GB
転送量 70GB/日 100GB/日
データベース 50個 30個
マルチドメイン 無制限 100個
自動バックアップ 無料 300円/月
ディスク SSD HDD
サーバー nginx Apache

(料金は税別)

差を気にしなくてよい項目4つ

この表の中で、差をあまり気にしなくていい項目があります。
それはこの4つです。

  1. ディスク容量
    エックスサーバー:200GB
    ロリポップ:120GB
  2. 転送量
    エックスサーバー:70GB/日
    ロリポップ:100GB/日
  3. データベース
    エックスサーバー:50個
    ロリポップ:30個
  4. マルチドメイン
    エックスサーバー:無制限
    ロリポップ:100個

それぞれ多いに越したことはないのですが、これぐらいの値があれば十分問題ない範囲です。

一方でしっかりと違いを比較しておいた方がいい点がありますので、それらをみていきましょう。

エックスサーバーは自動バックアップが無料

「自動バックアップ機能」とは、何か特別な設定をしなくても大切なデータをサーバー側で自動でバックアップしてくれる機能です。

この機能は、

  • エックスサーバーなら無料
  • ロリポップは300円/月の有料

で利用できます。
ということは、エックスサーバーの方がお得ですよね!

初めての時は、いろいろ設定をいじったり変えたりすることがよくあります。
そんな時にミスをすると「画面が真っ白…」というようなこともあるので、この機能がついてるととっても安心なんですよ(^^)

特に初心者であれば「万が一の保険」の意味も込めて、備えておきたい機能だと思います。

SSD、nginxを搭載して高速化性能が高いエックスサーバー

少し技術的な話になりますが、エックスサーバーは

  • ディスクにSSD(ソリッドステートドライブ)
  • サーバーにnginx(エンジンエックス)

を使用しているので、高速化対策が万全です。

対してロリポップは

  • ディスクがHDD(ハードディスクドライブ)
  • サーバーがApache(アパッチ)

です。

それぞれの違いはこちらです。

SSDについて

SSD」は、従来の「HDD」よりも読み書き速度が速いです。
どれぐらい違うのかというと、約3〜4倍SSDの方が速いというデータもあるくらいです。

データを読み書きするディスクのスピードがこれだけ速いと、全ての作業にその速さの恩恵が行き渡ります
ですので、SSDを利用できた方がお得です!

実際にSSDとHDDの速度比較をしている動画がありましたので、参考にしてみてください。

見ていただくとわかると思うのですが、明らかにSSDの方が速いです。
「SSDの起動時間23秒」に対して、「HDDの起動時間は47秒」なので、この場合は倍以上速いですね。

ちなみに私はMacユーザーなんですが、以前使っていたMacBookProがHDDで、今使っているMacBookAirがSSDなんですが、起動スピードを含め全てにおいてSSDのMacBookAirの方が高速で快適です。
正直もうHDDには戻れないレベルです。

サーバーのスピードを考える上でもディスクの性能はとても重要ですので、SSDかどうかはしっかりチェックしてくださいね!

nginxについて

nginxは、大量同時アクセスに強く、突発的なアクセス増でも高速・安定して表示ができるサーバーです。

Apacheは、リクエストを順次処理する形式のため、大量にアクセスがあるとリクエスト待ちが発生してしまいます。
ですが、nginxはリクエストを同時並行で処理するのでとっても高速かつ安定している、というわけです。

エックスサーバー公式サイト「nginxについて」より引用

要するに、nginxはApacheよりもより高速性能の高いサーバーです。
となったら、こちらもnginxを利用できたほうがお得ですよね!

ここ最近はWebの高速表示性能の重要度がますます増しています
スマホサイトでは、読み込みに3秒以上かかると約40%のユーザーが離脱すると言われていますし、GoogleはSEOのページ評価基準に表示速度を加味すると明言しています。

ですので、これは明らかにエックスサーバーを選んでおいた方がいい理由になります!

\エックスサーバーの詳細はコチラ/

次の章ではさらに、「この表に載っている機能」以外の部分でも比較してみましょう。
まずは「利用者数」の比較からです。

有名サイトに多く支持されているエックスサーバー

エックスサーバーとロリポップの利用者数はこちらです。

  • エックスサーバー:140万サイト以上
  • ロリポップ:200万サイト以上

利用者数などについて、さらに詳しくはこちらの記事で紹介していますので参考にしてみてくださいね。

レンタルサーバーのシェア・トップ3はどこ?利用実績で調べてみた!

単純に利用者数でみると、ロリポップの方が数が多いです。
ただし、有名サイトがどのレンタルサーバーを使っているかという調査からみると、また違った側面が見えてきます。

この「どのレンタルサーバーを使用中か検索する方法!有名ブログ34個も調査」という記事の中で、「月間数十万〜数百万PVある有名サイト」が使っているレンタルサーバーを調べてみたところ、1位はエックスサーバーとなりました。

詳しくは記事の内容をご確認いただければと思うのですが、この結果を見ると実績のある人気ブロガーには、エックスサーバーのサービスが圧倒的に信頼され支持されていることが分かります。
こういうデータがあるのは、一つの判断材料になるかなと思います。

セキュリティ面で安心なのはエックスサーバー

最後にもう一つ、セキュリティ面の比較をしておきます。

エックスサーバーは今まで大きなセキュリティ関連の事故はありませんが、ロリポップは過去に「WordPressの大規模ハッキング事故」が起きています。
その事故を受けて、最近はセキュリティ対策も向上してきてはいますが、やはりちょっと気になる部分かなと思います。

以上の点を踏まえた上で、最後は料金の差を比較したいと思います。

\エックスサーバーの詳細はコチラ/

性能やクオリティの差と料金の差をどうみるか?

最後に料金の比較ですが、それぞれの料金はこうなっています。

  • エックスサーバー:900円〜
  • ロリポップ:500円〜

この「400円」の差をを大きいとみるか小さいと見るかは、人によって変わるかもしれません。

ですが、本気でブログやサイトを運営して、もし収益を得たいとおもっているのであればこの金額差は投資として考えて、クオリティを重視した方が私はいいと思います。
道具にちゃんとお金をかけて、しっかりといいものを選んだ方がのちのち後悔せず、能力も伸ばしやすいからです。

とはいってもその差は「400円」です。
これがもし月4,000円違うという場合であれば私も慎重になると思いますが、「400円」であれば、コーヒー1杯分ですよね…!

そしてもしロリポップに自動バックアップ機能(月300円)をつけるとすると、その差は「100円」にまで縮まります。
100円の差であれば、SSDやnginxを搭載しているエックスサーバーの方が正直コスパはいいと思いますよ(^^)

サーバーのことで時間を取られたくないならエックスサーバー

ここまでで、私がエックスサーバーをおすすめする理由が分かって頂けたかと思いますが、最後にもう一つだけおすすめ理由を付け加えると「わずらわしさのなさ」です。

やはり、利用料金が安いということで、初心者の場合ロリポップを選ぶ方もいます。
ですが、その後「負荷耐性」や「表示速度」の問題で、ロリポップからエックスサーバーに乗り換えるという人は多いです。

「まずはロリポップで…」というのもいいかもしれませんが、そのサイトのアクセスが増えて、エックスサーバーに移転したいとなった時、その移転作業は結構大変です。
実際に私もサーバー移転をしたことがありますが、初めてであまり知識のない場合だと正直苦労する可能性が高いです。

サイト移転の方法について新たに調べる学習コストがかかりますし、

  • うまくいかない
  • 不具合がでる

というリスクも結構あります。

サーバーの設定や調整に時間を取られるよりも、もっと本質的な「記事制作」や「運営方針」に時間をかけるほうがいいですよね。

「初心者だからロリポップ」という考え方もあるかもしれませんが、そこまでを見越してトータルに考えると、私は初心者にこそエックスサーバーがおすすめだと思います。

「サーバーのことでヤキモキしたくない
面倒なことがあまり好きではない」
という人の場合であれば、エックスサーバー1択でOKです!

\エックスサーバーの詳細はコチラ/

エックスサーバーとロリポップの比較まとめ

いかがだったでしょうか?
エックスサーバーとロリポップの比較についてお伝えしました。
最後に今回の内容のまとめです。

  • ロリポップとエックスサーバーでは、私は「エックサーバー」をおすすめします。
  • エックスサーバーをおすすめする理由はこちらです。
    1)自動バックアップが無料
    2)SSD、nginxなどの高速化性能が高い
    3)実績のある人気ブロガーにも支持されている
    4)セキュリティ面で過去に大きな事故がない
  • ロリポップに自動バックアップ機能をつけると両者の価格差は「100円」になり、その差であれば性能が高い機材を使っているエックスサーバーの方がコスパが高いと思います。
  • サーバー関連の設定や調整に時間をとられるよりも、もっと本質的な「記事作成」や「運営方針」に時間をかけるほうがいいので、初心者だからこそエックスサーバーがおすすめだと思います。

このサイトでも実際にエックスサーバーを利用していますが、今まで特になんの不満もなく使えています。
ページの表示速度も非常に速く、満足して利用しているので自信をもっておすすめできます(^^)

そんなエックスサーバーについては、こちらの記事でさらに詳しく解説をしていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

\エックスサーバーの詳細はコチラ/

レンタルサーバーおすすめランキング

エックスサーバー

エックスサーバーは「高速」「多機能」「高安定性」の三拍子がそろった、信頼できる王道レンタルサーバーです。
「独自SSL無料」「WordPress簡単インストール」「マルチドメイン無制限」と複数Webサイト運営もバッチリの機能がそろっています。
大切なデータをしっかり守ってくれる「自動バックアップ」機能も標準対応なので、初心者でも安心です!

mixhost

mixhost

mixhostは、最新技術による高速化対策で、サイトの表示速度がサクサク早い
そして、月額利用料が割安初期費用がゼロ&お試し期間も30日間と長い!
その他にも「自動バックアップ&復元無料」「独自SSL標準搭載」「WordPress簡単インストール」など、初心者でも安心の機能がいっぱいです。

おすすめの記事

1

「レンタルサーバーはどこがいいんだろう?エックスサーバーが評判がいいって聞いたことあるけど、値段や速度、セキュリティってどうなの?」 とお悩みではありませんか? レンタルサーバー選びが初めてという方は ...

2

「mixhostがいい」という評判を、最近ブログなどでよく目にしませんか? 「mixhostに乗り換えました!」という記事も、どんどん増えてきていますよね。 mixhostは「2016年6月」にスター ...

-レンタルサーバー比較

Copyright© 明快!レンタルサーバー比較ガイド , 2018 All Rights Reserved.