Web機能

レンタルサーバーでCMSを利用すれば機能充実!自動インストールが鍵

更新日:

「レンタルサーバーにCMSを入れるといいって聞いたけど、そもそもCMSってなに…?」
どんなことができるのかいまいちよく分からない…」
そんな疑問をお持ちではないですか?

Web上ではいろいろなシステムを利用することができますが、1から開発されたものだけではなく既にパッケージ化されたものも多くあります。
それがCMSで、その中でも代表的なのが「WordPress」などです。

そういったものを使えば、プログラミングをせずとも簡単にWebサイトを作ったり管理したりすることができるんですよ(^^)

というわけで今回は、

  • CMSの種類や用途
  • CMSを利用する方法
  • CMSを利用するのにおすすめのレンタルサーバー

などについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

レンタルサーバーにCMSを導入すれば機能充実!

レンタルサーバーでCMSを利用すると、どんなことができるのでしょうか?
ひとくちに「CMS」といってもいろいろなものがありますので、まずは簡単に概要の説明からさせていただきます。

CMSとは?

CMSとは「Content Management System」の略です。
日本語だと「コンテンツ管理システム」ですね。

管理できるコンテンツは具体的に

  • ブログ・Webサイト
  • ECサイト
  • コミュニティサイト

などです。

ブログであれば、

  • ページを束ねて新着記事一覧を表示したり、
  • 記事とその他の部分を分離して管理できたり

ということができて、ECサイトであれば

  • 顧客情報を管理できたり、
  • ショッピングカート機能を追加できたり

ということができます。

このようなシステムを1からフルスクラッチで作ろうとしたら大変ですよね。
そこで機能がパッケージ化されている便利なCMSを使う、というわけです。

代表的なCMS一覧

代表的なCMSはこちらです。

ブログ・Webサイト構築用CMS

  • WordPress
  • Movable Type
  • concrete5
  • Joomla

ECサイト構築用CMS

  • EC-CUBE
  • Magento

コミュニティサイト構築用CMS

  • PukiWiki
  • XOOPS

CMSの選び方

CMSの中でも一番メジャーなものといえば「WordPress」です。
日本で利用されているCMSの約8割がWordPressというデータもあります。

ブログをつくるときはもちろん、WebサイトWebメディアをつくる時もWordPressが使えるのでとても便利なんですよ!
費用はかからず無料で使えて、プラグインという拡張機能もたくさん用意されています。

ですので、これからブログやサイトを作ろうと思っているのであれば、WordPress1択で間違いないです。

ちなみにこのサイトもWordPressで作られています。
レンタルサーバーは「エックスサーバー」を使っているのですが、WordPressの利用するのにエックスサーバーはとってもおすすめなんですよ(^^)
その理由については、このあとの章で詳しくご説明しますね!

CMSを利用する方法

レンタルサーバーでCMSを利用するには、そのサーバーにCMSをインストールする必要があります。
やり方はそれぞれのCMSによって違うのですが、基本的にはいくつかの手順を踏んで設定していく形になります。

ただ、これは慣れていないと意外と難しいです。
例えば「WordPress」であれば、データベースとの紐付け作業などがあります。

でも、そんな時にとても重宝するのが「自動インストール機能」です!
この機能を利用すれば、面倒で煩雑なCMSのインストールをとっても楽にしてくれます(^^)

そしてこのCMSの自動インストール機能が充実しているのが、先ほども紹介した「エックスサーバー」なんです。

CMSの利用なら自動インストール機能があるエックスサーバー!

エックスサーバーにはWordPressの自動インストール機能がついているので、手順にそってポチポチと進めていくだけで、面倒な作業をレンタルサーバー側ですべてやってくれます
これがないと初心者の場合は「WordPressのインストールだけで丸一日潰してしまう」なんてこともザラにあります…汗

このサイトでもWordPressをインストールをする時はもちろん「自動インストール機能」を使いました(^^)
この機能を利用するだけでも、エックスサーバーを選択する価値はありますよ!

エックスサーバーには他にも

  • EC-CUBE
  • PukiWiki
  • XOOPS Cube

の自動インストールがついているので、これらのCMSを利用しようと思っている方でも安心です。

さらにエックスサーバーは、処理速度が速くディスク容量も大きいので、性能の面からもおすすめできます。
スペックなどの詳しい情報はこちらの記事にありますので、参考にしてみてくださいね!

レンタルサーバーとCMSについてまとめ

いかがだったでしょうか?
レンタルサーバーとCMSについてご説明しました。

いろいろなCMSがありますが、一番メジャーでよく使われているのが「WordPress」です。
このサイトもWordPressで作られています。

そして、そのWordPressを動かしているレンタルサーバーは「エックスサーバー」です。
エックスサーバーにはWordPressの「自動インストール機能」がついているので、とても簡単に設定ができるからです。

初心者の場合であれば、この便利機能は必須で利用した方がいいと思いますよ(^^)

実際にWordPressでサイトを運営し始めてからも、スピードは早いですしディスク容量も十分すぎるほどあるので、私はエックスサーバーを自信をもっておすすめします。
さらに詳しい情報はこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

レンタルサーバーおすすめランキング

エックスサーバー

エックスサーバーは「高速」「多機能」「高安定性」の三拍子がそろった、信頼できる王道レンタルサーバーです。
「独自SSL無料」「WordPress簡単インストール」「マルチドメイン無制限」と複数Webサイト運営もバッチリの機能がそろっています。
大切なデータをしっかり守ってくれる「自動バックアップ」機能も標準対応なので、初心者でも安心です!

mixhost

mixhost

mixhostは、最新技術による高速化対策で、サイトの表示速度がサクサク早い
そして、月額利用料が割安初期費用がゼロ
その他にも「自動バックアップ&復元無料」「独自SSL標準搭載」「WordPress簡単インストール」など、初心者でも安心の機能がいっぱいです。

おすすめの記事

「レンタルサーバーはどこがいいんだろう?エックスサーバーが評判がいいって聞いたことあるけど、値段や速度、セキュリティってどうなの?」 とお悩みではありませんか? レンタルサーバー選びが初めてという方は ...

「mixhostがいい」という評判を、最近ブログなどでよく目にしませんか? 「mixhostに乗り換えました!」という記事も、どんどん増えてきていますよね。 mixhostは「2016年6月」にスター ...

-Web機能

Copyright© 明快!レンタルサーバー比較ガイド , 2018 All Rights Reserved.