明快!レンタルサーバー比較ガイド

レンタルサーバーの比較の仕方・選び方を、分かりやすく解説します!

利用用途

レンタルサーバーで動画を配信するときは転送量や容量に注意!

更新日:

レンタルサーバーで動画を配信するときにはいくつかの注意点があります。

まずは「転送量」。
次に「ディスク容量」です。

この2つをしっかりチェックしておかないと、速度制限などが課されてしまうことがあるので、注意が必要です。
今回はそれを回避する方法もお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください!

動画を配信するレンタルサーバーは、転送量と容量をしっかりチェック!

動画の配信というのは、レンタルサーバーにとても大きな負荷をかけてしまいます。
また、テキストや画像などに比べて、動画の容量はケタ違いです。

ですので、レンタルサーバーの

  • 転送量
  • ディスク容量

をしっかりとチェックしておかないと、速度制限をかけられてしまうことがあります。

アップロードでも転送量に加算されるので注意

転送量とは、そのレンタルサーバーとやり取りされるすべての通信の総量のことです。
どういうことかというと、動画が視聴される時(ダウンロード)はもちろんですが、レンタルサーバーに動画をアップロードするときも転送量に加算されるということです。

アクセスが少ないから大丈夫だろうと思っていても、ご自身でサーバーにたくさん動画をアップロードしているとそれだけで転送量の上限に達してしまう可能性があるので、ご注意を…!

転送量については、こちらでさらに詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

レンタルサーバー14社の転送量を比較!転送量の目安や調べ方も解説

保存する時はディスク容量にも注意

動画をアップロードする時には、サーバーのディスク容量にも十分注意が必要です。
容量が大きめのレンタルサーバーを選ばないと、収まりきらない場合があるからです。

アップロードする前に、動画編集ソフトなどで容量を十分に下げるようにしておくと安心ですね。

エックスサーバーなら転送量、容量ともに安心!

では動画配信をするときにおすすめのレンタルサーバーはどこにでしょうか?
それは「エックスサーバー」です。

転送量は70GB/日〜

まずエックスサーバーの転送量は1日70GB〜と、とても容量が大きいです。
仮にもしこれでも転送量が足りなくなってしまった場合は、プランをあげていけば転送量もアップしていきますので、より安心です。

容量は200GB〜

そしてディスク容量は200GBもあります。
これだけあれば、通常利用の範囲であれば容量が足りなくなるということは考えづらいですよね!

そしてこちらもプランをあげていけば容量がアップしていくので、あとから対応することも可能です。

\エックスサーバーの詳細はコチラ/

動画の埋め込みをすれば転送量や容量を気にせずOK!

ここまでは自身のサーバーに動画を置いて、そこから配信をする設定でお話をしてきました。
ですが、転送量や容量を気にせずに動画を配信することも可能です。

それはYouTubeなどの外部の動画配信サービスを利用して、動画を埋め込む方法です。
実際に今ではこちらの方が一般的といえるかもしれないですね。

これであれば、動画データのやり取りはその配信サービスとの間での通信になるので、自身のレンタルサーバーの転送量には影響しません
また、動画自体もその配信サービスのサーバー上に保管されているので、自身のサーバーの容量を圧迫することはありません。

そうなれば、上記の懸念点は全て解消ですよね(^^)

動画を埋め込む方法は簡単

動画を埋め込む方法もとっても簡単です。

WordPressをお使いの場合であれば、YouTubeの動画URLを貼り付ければ自動で埋め込み動画に変換してくれます。
もしそれでうまくいかない場合であれば、埋め込みコードを貼り付ければOKです。

  1. 「共有」ボタンを押して、次に「埋め込む」ボタンを押します。
  2. コードをコピーして、該当箇所にタグを埋め込みます。

実際に動画を埋め込むとこのような感じになります。

ここの動画の部分だけ窓が空いていて、YouTubeから配信されているコンテンツを映し出しているというイメージですね(^^)

著作権・肖像権・プライバシーなどに注意!

便利なYouTube動画埋め込みですが、注意点もあります。

YouTubeにはいろいろな動画がアップされていますが、

  • 著作権
  • 肖像権
  • プライバシー

などを侵害している動画を埋め込むのは辞めましょう。

著作権に関しては公式アカウントが配信しているものであればOKですが、そうではないアカウントが動画をアップロードしている時は注意が必要です。
よくあるのがTVの動画などです。

ルールを守って正しく利用したいですね!

レンタルサーバーで動画を配信するときのまとめ

いかがだったでしょうか?
レンタルサーバーで動画を配信するときに気をつけたいポイントはこの2つでした。

  1. 転送量
  2. ディスク容量

「転送量」にはダウンロードだけではなく、アップロードも加算されるので注意が必要です。
編集ソフトなどで十分に容量を下げてからアップロードするようにしましょう。

エックスサーバーであれば、

  • 転送量「70GB/日〜
  • ディスク容量「200GB〜

なので、動画を配信する場合でも余裕があり安心です。

私もエックスサーバーを長らく使っていますが、非常に快適な使い心地なので自信をもっておすすめできます(^^)
そんなエックスサーバーのさらに詳しいスペックなどはこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

\エックスサーバーの詳細はコチラ/

レンタルサーバーおすすめランキング

エックスサーバー

エックスサーバーは「高速」「多機能」「高安定性」の三拍子がそろった、信頼できる王道レンタルサーバーです。
「独自SSL無料」「WordPress簡単インストール」「マルチドメイン無制限」と複数Webサイト運営もバッチリの機能がそろっています。
大切なデータをしっかり守ってくれる「自動バックアップ」機能も標準対応なので、初心者でも安心です!

mixhost

mixhost

mixhostは、最新技術による高速化対策で、サイトの表示速度がサクサク早い
そして、月額利用料が割安初期費用がゼロ&お試し期間も30日間と長い!
その他にも「自動バックアップ&復元無料」「独自SSL標準搭載」「WordPress簡単インストール」など、初心者でも安心の機能がいっぱいです。

おすすめの記事

1

「レンタルサーバーはどこがいいんだろう?エックスサーバーが評判がいいって聞いたことあるけど、値段や速度、セキュリティってどうなの?」 とお悩みではありませんか? レンタルサーバー選びが初めてという方は ...

2

「mixhostがいい」という評判を、最近ブログなどでよく目にしませんか? 「mixhostに乗り換えました!」という記事も、どんどん増えてきていますよね。 mixhostは「2016年6月」にスター ...

-利用用途

Copyright© 明快!レンタルサーバー比較ガイド , 2018 All Rights Reserved.