スペック解説

エックスサーバーはマルチドメイン無制限!WordPressサイトは50個可

更新日:

エックスサーバーはマルチドメインに対応したレンタルサーバーです。
しかもその数はなんと無制限

マルチドメインとは、
「1つのサーバーの中で異なる独自ドメイン複数利用できる」
という機能です。

例えば、

  • aaa.com
  • bbb.net
  • ccc.biz

のような3つのドメインを持っていても、それらすべてをエックスサーバー1台の中で利用することができます(^^)
そしてそのドメインの数が無制限です。

ただし、ドメインを無制限で利用できたとしても、WordPressでサイトを作るときには1つ注意点があります…!

今回はそんなエックスサーバー

  • マルチドメインの詳しい解説
  • マルチドメインのメリット・デメリット
  • ドメインやWordPressの設定方法
  • WordPressを利用する時の注意点

などをお伝えします。

エックスサーバーの詳細はコチラ/

エックスサーバーはマルチドメイン無制限!でもWordPressで作るサイトは50個まで?

前述の通り、エックスサーバーのマルチドメインは無制限です。
持っている独自ドメインをいくらでも追加できますし、その数だけWebサイトを運営することができます。

ただし、実はデータベースを利用するかしないかによって、運営サイト数に違いがでてくるんです。
例えば、データベースを必要としない

  • HTMLサイト
  • ランディングページ

などであれば、独自ドメインを設定した分だけサイト数も無制限に増やすことができます。

逆に、WordPressのようなデータベースを利用するものの場合は、基本的には50サイトまでとなります。
なぜかというと、X10のプランだとデータベースの数が50個までだからです。
(ただしプランを上げれば、データベース上限も上がります)

  X10
(スタンダード)
X20
(プレミアム)
X30
(プロ)
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限
データベース(MySQL) 50個 70個 70個

(補足)データベースとは?

システムで利用するデータが保管されている場所です。
WordPressであれば、記事データなどが入っています。
WordPressでは毎回このデータベースから記事データを引っ張り出してきて、画面に表示させています。
WordPressの場合、1サイト1データベースでの運用が基本です。

ですので、WordPressでのサイト運営をお考えの場合は、
「独自ドメイン無制限だから、いくつでもサイトが作れるぞー!」
というわけではなく、実質的には(データベース上限の)50個までとなります。(X10の場合)

ただ、「1つのサーバーで50個MAXまでWordPressサイトを運用する」というのはあまり現実的ではありません
仮に50サイトを1つのサーバーに入れたとするとかなり過密な状況になるので、不安定な運用となります。
そこまできたら、またもう一つ新たにサーバーを借りる方が負荷的にもいいと思います。

ですので、50個という数の上限に関してはそこまで心配する必要はないです。
むしろ50個もデータベースが使えれば十分すぎるほどです(^^)

まとめると、エックスサーバーは

  • 独自ドメインは無制限で利用でき
  • データベースは50個まで(X10の場合)

なので、

  • 「独自ドメイン+HTMLサイト」であれば無制限に増やせて
  • 「独自ドメイン+WordPressサイト」であれば50個まで(X10の場合)

となります。

エックスサーバーについて詳しくはコチラ/

エックスサーサーバーのマルチドメインを利用するメリット・デメリット!

メリット

  • 手軽に複数サイトを運営できる
  • 管理の手間が
  • 料金が安くすむ

マルチドメインのメリットは、手軽に複数サイトを運営できることです。
ドメインの追加もとても簡単です。
また、1つの管理画面だけをさわればいいだけなので、手間がかかりません

複数サイトの運営の仕方についてはこちらの記事を参考にどうぞ。

レンタルサーバーでブログを複数作る方法!確認ポイントと設定の仕方

そして最大のメリットは「料金が安くすむ」という点です。

もし1つのサーバーで1つのドメインしか管理できない場合であれば、ドメインを増やそうと思ったらもう1つサーバーを借りる必要があります。
そうなると「初期費用+月額費用」がまた発生してしまうので、結構なコスト増ですよね。

ですので、マルチドメイン対応だと時間もお金も節約できます(^^)

デメリット

  • もしサーバーがダウンすると、複数のサイトがダウンする

デメリットがあるとしたら、サーバーがダウンしたときです。
その時はそのサーバーで管理しているドメインやサイトも全てダウンしてしまいます。
一元管理は楽な分、その裏返しとしてトラブルのときには脆弱です。

ですが、この点はそこまで心配しなくてもいいとは思います。
なぜかというと、エックスサーバーは「サーバー稼働率99.99%以上」という圧倒的な安定性を誇っているからです。

この数値であれば、ほとんど気にしなくていいというレベルですよね!
このような高い安定性も、多くの人からエックスサーバーが支持されている理由なんです(^^)

エックスサーバーについて詳しくはコチラ/

では次の章ではマルチドメイン機能を使って、実際にエックスサーバーにドメインをを設定する方法をみていきましょう。

エックスサーバーにドメインを設定する方法は簡単1分!

マルチドメインを設定する方法はとても簡単です!
たったの4ステップ、1分で終わる作業なので、みてみましょう。

  1. 「サーバーパネル」の「ドメイン > ドメイン設定」を開きます。

  2. ドメイン設定の追加」をクリックします。

  3. 「ドメイン名」のところに「追加したいドメイン名」を入力して、「ドメイン設定の追加(確認)」をクリック。
    「無料独自SSLを利用する」はチェック済のままでOKです。

  4. ドメイン設置の追加(確定)」をクリックして完了です。

とても簡単でしたね!
これだけでドメインの追加が終わりました。

注意する点としては、

  • 既にドメインの取得が終わっているものを入力すること
  • 「.com」や「.jp」を含めたドメイン名すべてを入力すること

です。

SSLに関しては詳しくは省略しますが、現在のWebサイトはSSL化がほぼ必須ですので「利用する」でOKです。

エックスサーバーについて詳しくはコチラ/

最後に、追加した独自ドメインのアドレスにWordPressを設定する方法についてもみてみましょう。

エックスサーバーでWordPressを設定する方法も簡単!

マルチドメイン機能を使って設定したドメインに、WordPressを設定する方法を解説します。
エックスサーバーには「自動インストール機能」がついているので、WordPressの設定もとても簡単なんです!

  1. 「サーバー管理画面」の「ホームページ > 自動インストール」を選択します。

  2. 「ドメイン選択画面」から、先ほど追加したドメインを選択します。

  3. 「自動インストール画面」から、「プログラムのインストール」を選択します。

  4. その中から「WordPress日本語版」の「インストール設定」をクリックします。

  5. 表示されたボックスに必要事項を入力していき、一番下の「インストール(確認)」をクリックします。
    データベースの部分は、「自動でデータベースを生成する」にチェックでOKです。

  6. 確認画面が表示されるので、問題なければ「インストール(確定)」をクリックします。

  7. インストール完了画面が出たら終了です。

どうでしょうか?
迷うところがないので、意外と簡単ですよね!

これをもし全部自分でやるとなると、データベース作成とその紐づけなどの作業があるので、初めての場合は苦戦すると思います。
なのでこの「自動インストール機能」がついてるのは、ほんとにありがたいです!

ちなみに途中で「自動でデータベースを生成する」をチェックしたことにより、新しいデータベースが1つ生成されました
このデーターベースの上限が、エックスサーバーだと50個というわけです!(X10の場合)

また、このようなインストール作業をしていて、「間違って登録済みのデータを削除してしまった…!(汗)」というときもあると思います。
(実は私もこの作業中、若干ヒヤッとした場面がありました…^^;)

そんな時でも、エックスサーバーには「自動バックアップ機能」がついてるので安心なんですよ!

エックスサーバーについて詳しくはコチラ/

エックスサーバーのマルチドメインについてまとめ

いかがだったでしょうか?
エックスサーバーのマルチドメインについてお伝えしました。
最後に今回の内容のまとめです。

  • エックスサーバーはマルチドメイン機能が利用できて、追加できるドメインの数は無制限です。
  • ドメインの数は無制限ですが、WordPressでサイトを運営する場合はデータベース数の上限が50個までなので、実質的には50サイトまでとなります。(X10プランの場合)
  • マルチドメインのメリットは、お金と時間が節約できる点です。
    反対にデメリットは、サーバーがダウンすると複数サイトがダウンする点です。
    ですが、エックスサーバーは稼働率99.99%以上なので、ほぼ気にしなくていいレベルです。
  • ドメインの設定、WordPressの設定は数分で終わるほど簡単にできるようになっています。

ドメインの設定も、WordPressの設定もとても簡単にできるのでありがたいですよね(^^)

実際に私も1つのエックスサーバーで複数のサイトを運営していますが、とても使い勝手がよくて満足しています。
性能的にも申し分ないので、自信をもっておすすめできるレンタルサーバーです。

そんな魅力たっぷりのエックスサーバーについては、この記事でさらに詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

エックスサーバーについて詳しくはコチラ/

レンタルサーバーおすすめランキング

エックスサーバー

エックスサーバーは「高速」「多機能」「高安定性」の三拍子がそろった、信頼できる王道レンタルサーバーです。
「独自SSL無料」「WordPress簡単インストール」「マルチドメイン無制限」と複数Webサイト運営もバッチリの機能がそろっています。
大切なデータをしっかり守ってくれる「自動バックアップ」機能も標準対応なので、初心者でも安心です!

mixhost

mixhost

mixhostは、最新技術による高速化対策で、サイトの表示速度がサクサク早い
そして、月額利用料が割安初期費用がゼロ
その他にも「自動バックアップ&復元無料」「独自SSL標準搭載」「WordPress簡単インストール」など、初心者でも安心の機能がいっぱいです。

おすすめの記事

「レンタルサーバーはどこがいいんだろう?エックスサーバーが評判がいいって聞いたことあるけど、値段や速度、セキュリティってどうなの?」 とお悩みではありませんか? レンタルサーバー選びが初めてという方は ...

「mixhostがいい」という評判を、最近ブログなどでよく目にしませんか? 「mixhostに乗り換えました!」という記事も、どんどん増えてきていますよね。 mixhostは「2016年6月」にスター ...

-スペック解説

Copyright© 明快!レンタルサーバー比較ガイド , 2018 All Rights Reserved.